2ヶ月間に渡るパーソナルトレーニングジム通いのまとめ

ダイエット目的、トレーニング目的、ネタ目的など、いろいろと考えるところもあり、パーソナルトレーニングジムに2ヶ月間通ってみました。


*自宅の食事用に大量に買い込んだサバ缶とツナ缶たち

ジムに通うことに決めたきっかけ

ジムに通うことに決めたきっかけは、体重が増えすぎてさすがにダイエットをしないとマズイと感じたことでした。

経験がある人はお分かりになるかと思いますが、「最近、持っている洋服がどんどん縮んでるな・・・」と感じ始めたら危険信号です(私は定期的にありました・・・)。

・このままでは着られるシャツがなくなってしまうという危機感
・ダイエットをするにしても長期間でダラダラやりたくないという気持ち
このような思いが重なり、短期間で成果が出せるジムに通うことを決めました。

選んだジムは二者択一で・・・

パーソナルトレーニングジムとして最初に思い浮かぶのが、有名なライザップです。

あれだけ多くの人が成果を出しているなら間違いないだろうと思いつつ、あまりにも有名すぎて面白くないという気持ちもあり。。。

似たようなジムがほかにないかをネットで検索したところ、「24/7ワークアウト」というパーソナルトレーニングジムがあることを知りました。

テレビCMなどで見かけないのでよく知りませんでしたが、雑誌などのメディアでは取り上げられていて、有名人も結果を出していることが分かりました。
(サイトで見ると、せんだみつおさんとかボクシングの元チャンピオンの徳山さんとか)

そして最終的には、ライザップよりは有名ではないという理由で「24/7ワークアウト」に決めたのでした(値段も多少安かった気がします)。

http://hu-gym.com/

無料カウンセリングで言われたこと

入会前に無料カウンセリングに行きましたが、そこでトレーナーの方から言われたのが

ダイエットは栄養管理が8割、運動は残りの2割

という言葉でした。

いくら運動をしても栄養管理ができなければ効果が少ないということでした。

「3食きっちり食べて痩せる」という表現の正しい理解とは!?
トレーニングとダイエット目的でジムに通い始めて1ヶ月ちょっと経過しました。 入会前に(勝手に!)考えていた「3食きっちり食べて痩せる」...

このジムには30日間の返金保証がありますが、「トレーナーの言う通りに実践して痩せなければ」が条件となっています。

つまり、返金保証を受けるというのは

痩せなかった=>栄養管理ができなかった=>言われた通りの食事にできなかった=>ト
レーナーの目が届かないところで食べたいものを食べてしまった

ということを白状しているようなもので、ちょっと恥ずかしいかも!?なんて感じました。

2ヶ月間でかかった費用

今回、2ヶ月コースでかかった費用はこんな感じです。

・入会金:38,000円(税抜)
・会費:月額98,000円x2ヶ月=196,000円(税抜)
*合計:税抜234,000円(税込252,720円)

あとはジムに通うための交通費くらいです。

この金額には次のものが含まれていました。

・1回あたり60分のトレーニング16回分(週2回で2ヶ月分)
・食事のアドバイス
・プロテイン8回分
・トレーニング時のウェア、シューズ、タオル
・トレーニング後のシャワー

トレーニングの内容

トレーニングは1回60分で、下半身、上半身の大きな筋肉を中心に鍛えていくイメージです。

ほんの一例ですが、ある回のトレーニングメニューは次のようなものでした。

*スクワット
・何も持たない状態で15回
・10kg程度の重りを持って10回を3セット
・バーをかついで足幅を狭くして10回を3セット
・バーをかついで足幅を広くして10回を3セット
*背筋
・ラットプルダウン 15回を3セット
・逆手ラットプルダウン 10回を3セット
*ベンチプレス 15回を4セット
*腹筋(説明が難しいですがとても辛い腹筋) 20回を3セット

同じトレーニングを続けると人間の身体は慣れてしまって、効果が小さくなるとのことで、毎回いろいろとメニューを変えてもらいながら取り組んでいました。

食事の内容

食事はとにかくタンパク質を多く取るようにと言われていました。
筋肉をつけるにはタンパク質が必要で、体重x2g(体重70kgならタンパク質140g)くらいを摂取した方が良いとのことでした。

痩せるために食事量を減らしたり、野菜だけを食べていては目標には届きませんので、タンパク質を多く含む食品(肉、魚など)をそれなりに食べなければいけません。

その意味では、食事は「内容には気をつける」が「量を減らすことを目標にはしない」という意識で取り組んでい他ので、「空腹で辛い」と感じたことは一度もありませんでした。

とは言いつつ、外食の時など管理が面倒になってきてしまいますので、トレーナーの方に聞いた内容を踏まえて、最低限意識すべき分かりやすい基準を設けることにしました。

・肉、魚は食べてOK(ただし脂は少なめ)
・揚げ物はできれば避ける
・アルコールもできれば避ける
・ご飯(白米)は食べてもOKだが夜は控える
・おやつにプロテインを飲む

本格的にボディビルをやるわけではないので、これくらいの基準なら管理できそうだなという程度にしていました。

*コンビニで炭水化物あり・野菜なしの昼食パターン

*コンビニで炭水化物なし・野菜ありの昼食パターン

2ヶ月間通ってみて得られたもの

まずは、確かに痩せました。

リバウンドしないためにもトレーニングしながら痩せることが目的であり、体重を落とすことだけが目標ではありませんでしたが、それでも体重が9%くらい落ちました。

筋肉量も少し減ってしまっていたようですが、トレーナーの方曰く「これだけ体重が落ちていたら、まあ許容範囲内でしょう」とのことでした。

10年以上前にダイエットしたとき(102kg→67kg)は運動をしなかったので、病的な痩せ方が不評だったこともあり、今回は無理せずほどほどで良かったかな、という感じです。
(まだ自主トレーニングで延長戦の途中なので、終わったわけではありませんが)

また、お腹周りが痩せたことで、ゴルフのスイングに少しキレが戻ってきた気がします。

じわじわと太っているときにはなかなか気づけないのですが、痩せてみると「いかにスイングしにくい体型になっていたか」に気づくことができました。

お金をそれなりに払ってでも通うことのメリット

2ヶ月間ジムに通ってみて、私としては大きなメリットがありました。

人によって「ジムに何を求めるか?」もマチマチだとは思いますが、次のようなメリットは多かれ少なかれ誰にでもあるのではないかと感じています。

・どのようにトレーニングすれば良いか、どのような食事をすればよいかのノウハウが分かる
・トレーナーの存在が成果が出るまでの支えになる
・お金を払ってしまったからやめるわけにはいかないという心理が働く
・マンツーマン指導で見られているという緊張感があり、サボれない
・トレーニング時には食事内容も報告するため、変なものを食べないように気をつける

私の場合には、上の2つのメリットが大きかったです。

今後も、食事に気をつけながらトレーニングを続けることに決めましたが
・どのような意識でトレーニングすれば良いか。
・食事はどのようなことに気をつければ良いか。
について、基本的な考え方を学べたのは大きかったです。

基本の型が分かれば、あとは悩んだときに個別レッスンを受けるという方法でもいけそうな気がしています。

おわりに

ちなみにトレーニングはトレーナーとマンツーマンなので、トレーナーとの相性は大きいような気がします。

私の場合は、元甲子園球児の爽やかなトレーナーだったので、いろいろな話をしながら楽しくトレーニングすることができました。

トレーニングの具体的なメニューは、個人の状況(年齢、性別、体力など)によってバラバラらしいので、経験が多く引き出しが多いトレーナーが良い場合もありますし、年代が近い人が良いということもあるでしょう。

このようなジム通いを検討されるなら、トレーナーの希望を事前に伝えてみるのも良いかもしれませんね。

「ダイエットしたいけど短期集中で済ませたい」「ダラダラとトレーニングをするのは辛い」という方は、多少のお金を払ってでも手っ取り早く成果が出せる、このようなジムを検討してみてはいかがでしょうか。

最近知ったダイエットでの「チーティング」という考え方は体にも心にも有効!
現在通っているジムのトレーナーの方と話していて、ダイエットで「チーティング」という考え方があることを最近知りました。 ダイエットでのチーテ...
ダイエットの名言は仕事の取り組みにも応用できる?
ダイエットに関する名言を見ながら、これは仕事の取り組みにも応用できるのではないかと感じました。 ダイエットに関する名言 その名言は ...
プライベートジムは決して高くない!?〜利用者側から見たサービスの値段への印象と判断するポイント〜
先週からプライベートジムに通い始めました。 その成果については改めて終了後に紹介するとして、今回はジムに通う費用やいわゆるサービスに対...

すべてを筋トレに結びつけるユニークな本を読んで気持ちも前向きに!?〜いろいろなものに興味を持ってチャレンジを〜
本屋さんの筋トレコーナーで手に取った本がなかなかユニークで、思わず買ってしまいました。 メンタル、ダイエット、仕事、恋愛などいろいろな...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【編集後記】

昨日は、以前書いたことがあるゴルフの情報サイト「Gridge(グリッジ)」を運営している会社を訪問して、いろいろとお話しししてきました。
その後は、前職で仕事上の関わりがあった方々との同窓会的な?懐かしい飲み会に参加。
1日に2件、普段とは違った刺激を受けることができて、リフレッシュすることができました。

【昨日の1日1新】
*「1日1新」とは→詳細はこちら

グリッジ編集部
渋谷マークシティ
酒蕎庵まろうど

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする