ドライバーのシャフトをカットする〜長いなら 切ってしまおう そのシャフト!〜

ゴルフクラブのなかでもっとも長いドライバー。
「もう少し短ければ振りやすいのに」と感じたら、短くカットしてしまうことを検討しても良いかもしれません。

ドライバーの長さ

ゴルフクラブのなかでもっとも長いのがドライバーです。

市販されているクラブのほとんどが、45インチから46インチの間の長さになっています。

スキーのように、身長や体型に合わせて長さが選べるわけではありません。

長いドライバーと短いドライバー。
どちらでも同じようにスイングができるなら、遠心力を使って速くスイングできる分、長いドライバーのほうが遠くに飛ばすことができます。

ただ、この「同じように」というのが曲者です。

長さが長くなる分、操作しにくくなって「同じように」スイングすることが難しくなってしまうのです。

そうすると、多少短くてもしっかりとスイングすることができる長さのほうが、ミスが減り、結果的に遠くに飛ばすことができるようになる可能性があります。

少し前から、プロゴルファーのなかでも短尺ドライバーを使用する人が増えてきているようです。44.5インチ、44インチ、短い人だと43.5インチなど。

それらのプロは、短尺のほうがメリットがあると感じているからそれを選択しているわけです。

好みの問題もありますし、プロのなかでも絶対的な解があるわけではなさそうです。

だからこそ、アマチュアゴルファー、特に私のようなアベレージゴルファーなら、長いクラブへのこだわりは捨てて扱いやすさを最優先にしても良いのではないかと思っています。

ということで、いろいろ検討した結果、45.25インチのドライバーを1インチカットすることにしました。

シャフトカットはとても簡単

グリップ側のシャフトカットであれば、ゴルフショップなどに持っていけばとても簡単です。

私の場合、近所のGOLF5にクラブを持ち込みましたが、

・所要時間:15分
・シャフトカット費用:1,620円
・新しいグリップ購入:980円

で、あっという間に短尺ドライバーが完成しました。

その場での受け取りを選んだのでシャフトカット費用が1,620円かかりましたが、後日受け取りであれば1,080円とのことでした。

シャフトをカットするかどうか、さんざん悩み続けましたが、いざカットするとなるとあっけないものだと感じました。

いきなりカットするには抵抗がある場合!?

シャフトをいきなり短くするには抵抗がある場合、もしかすると手持ちのクラブで短尺化を試すことができるかもしれません。

私が使用しているドライバーはPING社のG400という製品で、シャフトを挿し込むタイプのものなので、簡単にシャフトを挿し替えることができます。

そして、同じG400のスプーン(3W)のシャフトをそのままドライバーに挿し込むこともできるのです(メーカー側でそのような使用をOKとしているのかどうかは分かりませんが)。

*右側がドライバーシャフト(45.25インチ)、左側がスプーンシャフト(43インチ)

本当にシャフトカットして良いのかどうかを確認するため、スプーンのシャフトをドライバーに挿して数ラウンド試してみた結果、問題なさそうなのでシャフトカットすることに決めました。

PINGに限らず、同じようにスプーンのシャフトで短尺ドライバーを試すことができるメーカーもあるかもしれませんので、興味がある方、該当しそうな方は試してみても面白いと思います。

念のため注意点も

このシャフトカットには注意点もあります。

ゴルフショップでシャフトカットを依頼したときに言われるのが、シャフトを短くするとクラブが軽くなってしまう(バランスが出ない)ということです。

「やめたほうが良いですよ」的な雰囲気、「邪道ですよ!」的な雰囲気をものすごく感じました(被害妄想??)。

私は自分で試した結果、問題なかったので迷うことはありませんでしたが、試していない場合には、そのようなデメリットもきちんと認識しておく必要はありそうです。

また、一度カットしたシャフトは元の長さに戻せないということもリスクではあります。。。

やっぱり長いほうが良かったとなると、数万円かけてシャフトを買い直さなければなりませんので。

長い目でみて、短尺ドライバーの選択が良かったのかどうか、現時点では分かりません。

ですが、このようにいろいろと考えたり、試したりすることもゴルフの楽しみ方の1つなのだと思っています。


【編集後記】

昨日は久しぶりに月島でもんじゃを食べました。
自分が知らないだけで、有名人がたくさん来ている有名なお店、たくさんあるんですね。

【昨日の1日1新】
*「1日1新」とは→詳細はこちら

近どう本店


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする